FC2ブログ
収入不足による食糧難を逃れる為、暇さえあれば釣りに出かける…    キャッチ&イート主体の釣りブログです。
tb2
↑↑クリック(フィッシング詐欺じゃぁないよ!)↑↑
偶然
発見したらしい(笑)

↓へぇ〜…

色を認識出来るか?

光が届いているか?

これは、別の問題では?
後の祭りなんだけどぉ(笑)

なぁ〜んでか?

それはですね…
夕焼けや朝焼けって、大気の層が長い場合、青い光が反射(または吸収)してしまい、赤い光だけが届き、結果的に空が“赤く見える”でしょ?
逆を返すと海にも同じ事が言えると思うんです。

海は青く見える=青い光を反射している=赤い光は浸透してる?


って事だと考えると、色が見えるか見えないかは別として、光は海の底に届いていると考えられるんじゃぁないか?

結局の所、加法混色と減法混色の考え方の違いにより、人間が勝手に勘違いしたのではないだろうか?
確かに、水深30メートルで怪我して、傷口から緑色の血が流れれば勘違いしちゃいそうだけどねぇ(笑)

で、記事には“赤く発色”(←反射してるだけじゃないの?)してると書いてあるけど、それじゃあ緑色の光は何処へ?

←このページの緑と青のランプをクリックすると水色かぁ…
じゃぁ、反射されてる可能性もある?
↑この辺は学者さんに調べて頂きたいですねぇ。

ここで一つ、疑問が。
カジメやワカメ、昆布なんかは褐色でしょ?
あれって光合成してるんですよねぇ。
水中や採ったばかりの物は褐色だけど、茹でると緑ですよね(笑)
何でだろ??

他には、金目鯛に大きな目が付いている事と、赤い色をしてる所。
水深1,000メートルなんかで、釣れるんですよ!
光、届いてるのか…?

疑問だらけではありますが、色と光は別個に考えないと、いけないのかも知れませんね。

以前、色々と悩んだのに、何の結果も出なかった事がありましたが近い将来、解明される部分もあるかも?
それが釣果に繋がるかは…疑問ですが(爆)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
赤いケミホタルを仕掛けに付けて釣りをした事があります。

釣果は聞くな! 過去の事だ(笑)。
2008/09/18(木) 17:32:28 | URL | K.Norichi #CsEyi/DQ[ 編集]
Kさん こんちは!2
太刀魚は緑色っぽいケミホタルの色が好みらしいですね。
カレイやアナゴでも、使うみたいだし。

赤い光を発しているならば、夜の海は赤く見える筈!?

あまり難しい事考えてると、頭痛くなりそう(苦笑)
2008/09/18(木) 17:45:23 | URL | さん基地 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック